賃貸マンションで行こう!

下見して細かくチェック!

実際に物件を見てみよう!

気に入った賃貸マンションが見つかったら!

気に入った物件をピックアップしたら、すぐにメールや電話で仲介している不動産会社に連絡をとりましょう。 賃貸マンションの場合、好条件の賃貸物件は人気も高く、あなたが連絡したころにはなくな手いる可能性もあるので、迷っているならまず連絡しておくことが大切です。もし、希望の賃貸物件が既になくなってしまったとしても、近い条件の賃貸物件を探してくれるはずです。 連絡方法にメールを使う場合には、必ず「氏名」「Eメールアドレス」「連絡先(電話番号など)」はもちろん、「目当ての賃貸物件の掲載してあったメディア」「物件ナンバー」「探している物件のおおまかな希望内容」など、問い合せをしたい賃貸マンションの情報内容をきちんと相手に伝えることが大事です。せっかくアクションを起こしたのに、連絡先を伝えていなければ不動産会社もあなたに対して、賃貸マンション物件の案内ができません。また、来店の予約や物件下見の予約も事前にしておくとよいかも知れません。 引越シーズンの1〜3月は、平日の午前中にいくこと いくら来店の予約を入れたといっても、ほとんどの人は土日を利用して不動産会社を訪れることが多いです。そのため、必然的に週末は混み合ってしまいます。(実際に人が多くて後回し・・なんてことも) また午後になるほど下見や相談の人が増えてくるので、落ち着いて話を聞いてくれることが難しくなる場合もあります。ですから、予約はできるだけ午前中に入れた方が無難です。午前中なら、そのまま何件も物件の下見に回ることができるので、うまくいけば夕方までに決定できるかもしれません。特に引越シーズンといわれる1〜3月は店舗に人が殺到するので、平日に予定を入れたほうがより無難でしょう。実際に訪問する際のマナーとして、あまりだらしない服装はひかえましょう。やはり、あいても賃貸マンションの部屋を貸すなら「共同住宅のルールを守れる人」を選びたいのは当然です。だからといって、特別かしこまる必要はありませんが、好感をもたれる清潔感のある服装を心がけましょう。

賃貸マンションの失礼のない下見の仕方

下見ができないときは?
・自己都合で下見に行けない場合・・広島 賃貸 マンションの下見は重要で、チェックする箇所も多いと思います。基本的に部屋の中は自分自身の目でしっかり見て契約するようにしましょう。何故かというと、実際に見なければわからないことはたくさんあるからです。間取り図を見ただけで簡単に決めてしまうと、後々後悔することもあるので、どうしても下見に行けない場合は、親戚や友人などにお願いして、代わりに下見にいってもらうなどしましょう。

・まだ住んでいる人がいる場合・・特に春の引越シーズンによくあることですが「自分が気に入った物件は○月には空く予定だが、現在はまだ人が住んでいる」などといった理由から、賃貸マンションの実際の下見ができない場合があります。 賃貸マンションの実際の目当ての部屋に住人がいる場合は、別タイプの部屋を見せてくれることが多いです。 まれに現住人の厚意で部屋を見せてくれる場合もあります。実際に家具や荷物が入った状態を見られる良いチャンスなので、遠慮せず見せてもらいましょう。そして下見の際、住人がその場にいれば使い勝手などを質問しましょう。実際にその賃貸マンションに住んでいる住人の生の声を参考にできるチャンスですので、疑問になったことは聞くようにしましょう。

下見した物件の断り方
実際に賃貸マンションの物件を選ぶ際は同時に数件の賃貸マンションを見に行くことになると思いますが、実際の賃貸マンションの物件が自分にとって合わないと感じた場合もあるかもしれません。
そのとき、良くしてもらったからとはいえ、お話をした不動産会社への断りの連絡は迅速に、失礼のないように、常識的な範囲でハッキリと断わる事が大切です。「ほかのところで希望の賃貸物件が見つかりましたので、申し訳ありませんがお断りします」など、電話で伝えるだけで大丈夫です。不動産会社も一生懸命希望に合う物件を探してくれているのだから、誠意のある対応を心がけましょう。