賃貸マンションで行こう!

計画を立てよう!

計画を立てよう!

賃貸にかかる家賃は「収入(月収)の3分の1以下」が目安

賃貸マンションを借りるにあたって、"賃貸にかかる家賃は「収入(月収)の3分の1以下」が目安”などとといわれていますが、その際、ボーナスや不定期なアルバイト収入は予算として考慮しないようにしましょう。

また、本番の物件選びの時には、これくらいなら嬉しいなという「希望家賃」と、これ以上はムリだなという「上限家賃」の2つをイメージしておくと賃貸マンションの物件選びの際、迷いが生じることが少なくなります。ここで注意しておきたいのが、賃貸マンション物件の「上限家賃」は一度決めたら変更しないこと。 また、家賃のほかに「管理費」「駐車場代」「光熱費」などの支払いが毎月あることも念頭に入れておきましょう。

入居する希望地を決める

賃貸マンションへ引っ越す場合、何よりも勤務先や学校へのアクセスが、重要なポイントとなります。
毎日のことだから近くて便利で、電車の本数も多いにこしたことはないですし、生活面から考えると、商店街やスーパー、コンビニの有無などにも左右されます。しかし、交通の便がよくてオシャレな店が立ち並ぶ街は賃貸マンションの人気も高く、当然家賃もそれだけ高くなります。

特に「A駅のみ」と限定せずに、妥協できる範囲を設定し、「A駅〜B駅」というように幅をもたせて考えてみてはいかがでしょうか。もちろん沿線重視でなく、エリアで探す場合も同じです。

せっかく賃貸マンションを借りるのだから、妥協の無い姿勢で臨んでみてください。

物件下見の重要性

賃貸マンションへ入居した後になってから「こんなはずじゃなかった・・」と後悔しないためにも、実際に住む賃貸物件の下見をすることはとても重要となります。間取り図より狭く感じたり、逆に期待以上の物件だったりと、実際に下見をしてみないとわからないのが賃貸マンション探しの常。実際のものを見たり、体験したほうが良い・・というのは、賃貸マンション探しだけにはあてはまならいのではないでしょうか?賃貸マンションで気に入った物件があったなら、それを見るのはタダなのですから、焦らずじっくりと賃貸マンションの物件選びに取り組みましょう。もちろんのことですが、実際の賃貸マンションの物件を下見する前には不動産会社と連絡をとり、物件下見の日時を約束してから行きましょう。また、事前に見たい賃貸物件や、希望の条件伝えておけば、時間も短縮することができます。

賃貸マンション物件を見に行くときには、これから挙げる以下のグッズを持っていくと便利かも知れません。

  • メジャー
    家具や冷蔵庫を置く場所を測るのに便利です。
  • 方位磁針
    方角を知るために必要です。
  • ビー玉
    床が水平かどうか確かめることができます。
  • デジカメ
    あとで複数の物件を比較することができます。

賃貸マンション物件を時差氏に見学する際には、できれば物件探しを経験したお友達などの知っている人についてきてもらった方が良いでしょう。他人の視点から意見してもらえば、自分では気づかなかった短所や長所が発見できるかもしれません。