賃貸マンションで行こう!

物件探しのポイント

賃貸マンション探し 3つのポイント!

賃貸マンション情報雑誌・・賃貸マンション情報誌は、数多くの賃貸マンション情報を手軽に見ることができ、一番頭を悩ます不動産会社探しにも大変役に立ちます。ページをめくるだけで、一度にたくさんの不動産情報を見比べることが可能ですし、ページによっては物件外観写真も掲載されていますので、より入居する際のイメージが湧いてきます。ですが、掲載されているデータは入稿した段階のものですので、雑誌を見て不動産会社に連絡しても希望物件はすでに埋まってしまっている、ということもしばしば。ですが、類似物件を紹介するなどの返事が必ずあるはずですので、担当者に希望の条件を伝えて、何でも担当者に相談してみる事が大切です。

賃貸マンション検索ホームページ・・手軽で便利と最近人気があるのが、不動産会社の運営する賃貸マンション等の物件が探せる賃貸物件検索サイトです。住宅情報に関する自分の希望条件を入力すれば、引越し先が遠隔地にあって、物件情報が手に入りにくい場合であったとしても、パソコンが前にあれば、24時間いつでも賃貸マンション物件検索が可能です。また、リアルタイムで賃貸マンション物件の情報が随時反映されていますので、とっくに埋まってしまった物件情報がずっと掲載されたまま、なんていうことはほとんどありません。ただし、最終的には実際に現地へ出向き、物件の下見をして自分の目で確かめなければならないことはもちろんで言うまでもないことでしょう。

不動産会社へ行く ・・実際の賃貸マンションの物件の情報を集めるには、その希望エリアの不動産会社を訪問するのも、オススメです。賃貸マンションの情報誌や賃貸マンション物件検索ホームページには載っていない、穴場的な物件も紹介してもらえるかもしれません。ただし、“手軽さ”という点、“他の不動産会社と比較できる”という点では、他の手段に比べると時間を要する作業になるかもしれません。したがって、時間に余裕のある人向きではないでしょうか。また、お店を訪れる前に、どんな条件を優先させたいのかを決めておくと、交渉がさらにスムーズに進むはずです。

不動産情報を収集したら ・・賃貸物件情報雑誌、賃貸物件検索ホームページにはたくさんの情報があります。どんなにたくさんの有益な情報があってもそれだけでは意味がありません。自分の理想と、収集した実際の物件情報をつきあわせて、あなたがこだわっている条件に優先順位をつけてみましょう。
多少家賃は高くても、設備が整っていて充実しているほうがいいのか? 駅から少しだけ遠くても、部屋の間取りが広いほうがいいのか?
これらは、あなた自身の価値観によって決まるものです。自分の住む部屋を探すのは、あなた自身。自分の価値観に照らし合わせて悔いのない選択をしましょう。イメージが具体化したら、不動産会社に実際に連絡し、相談してみましょう。